さるこの日記

ささやかに軽やかな暮らしを目指す50代専業主婦の日記です

【ショック】体組成計届きました。スマホ連動で便利!【体内年齢60歳】

夫のボーナスで買ってもらったタニタの体組成計が届きました。

スマホ連動タイプなので、体重計に乗ると「体重・BMI・体脂肪率・筋肉量・内臓脂肪レベル・推定骨量・基礎代謝量・体内年齢」といったデータが自動でスマホアプリに記録されます。

今まで、頭で覚えて⇒エクセルに記録ってやってたから、とても便利になりました。


アプリとの連携は簡単にできたよ

18日の楽天市場ご愛顧感謝デーに楽天24で注文したら、21日に届きました。いつも遅い楽天24なのに早っ 

ちょっとだけ心配だったのが、私がスマホって苦手なので、ちゃんとアプリを設定して使いこなせるかな~っていうところでした。

ぜんぜん簡単でした!

取扱説明書にQRコードがあって、アプリをダウンロードして、スマホと本体をつかって身長や生年月日など入力していったらスムーズに設定できました。

うん、マイナンバーカードや確定申告もスマホでなんとか頑張ったし(髪振り乱し、あとで寝込む勢いだっだけども)、もう苦手とは思わなくていいのかもしれない。でも文字の入力はいやだ。

 

使い方も簡単です。私は体組成計を洗面所に置いているので、そこにスマホを持っていき、アプリを立ち上げたら本体がピピッと鳴って接続されます。

 

☆追記☆

ずっとあとに気付いたのですが、洗面所にスマホを持っていかなくても、電源オフ状態の本体に乗るだけで…勝手に電源が入り、乗ったのが私だということを認識して、ちゃんと記録してくれます!

あとで、離れた部屋でスマホアプリを立ち上げると、そのときにデータをキャッチしてくれます。

☆追記ここまで☆

 

本体に乗ると体重⇒BMI⇒体脂肪率…って感じに次々と数字が出ます。その数字はアプリに記録されます。グラフで見ることもできます。

 

で、私のデータはスマホで見ることができるし、夫は夫で本体に登録して、たまに計りたいときだけ使うって感じです。

登録していない人が測定したり、体重だけを計ったりすることもできます。

体組成計いつ測る?

付属の説明書が親切で、機器の使い方のほかに「正しいはかりかた」「からだの豆知識」といった情報も書いてあり勉強になります。

 

それで気になったのが、おすすめの測定時間として「起床直後を避け、食後2時間以上経過した同じ時間帯」と書いてあったんですね。つまり昼食前、夕食や入浴の前、就寝の前がいいみたいなんです。

 

私は起床直後に測っているので、一瞬困りましたが、毎日の変化を確認できればいいので、続けやすい今のままでやっていこうと思いました。

ただ、起きたばかりって、体脂肪率が高く出るんですよね。でも体重は低く出る…そういった傾向がわかっていればOKなんだと思います。

実際に測定してみた

さて新しい体組成計で実際に測定してみると…

3キロ痩せたんです~とかドヤ顔してたのに、ちょっと高めの数字になりました。同じタニタなのにね…

いろんな数字が出るなか、体脂肪率が「軽肥満」と出たのは悲しいけど、BMI、筋肉量、骨量などは「標準」でちょっと安心。しかし

最後に体内年齢の項目があり、しょんぼり顔のマークとともに「60歳」と…

これはどうしたことか。

ちょっとショックだったので調べてみると、このいろいろな数字って身長体重と体脂肪率から割り出したものらしいんですね。

つまり「体脂肪率が高い」ということをいろんなことばで教えてくれてるってわけなのかな?

 

ちなみに夫(痩せ型)は30代と出ました。

よかったね(目がハート)

いや、極端な数字というのは注意すべきだと思うよ

わりと冷静だな。

筋トレしようかな…

自分の体脂肪率が高いことはもちろん知っていたけど、こうやって別の数字で見せられて改めて自覚することができました。

体脂肪率を下げるには、

  1. 筋肉量を増やすための無酸素運動
  2. 体脂肪を燃焼させるための有酸素運動

の両方が必要だそうです。当然、食事にも気を付けながらね。

 

今やってるのは朝晩のスワイショウ。気が向いたらストレッチやスクワット、小型のトランポリンで足踏みしたりしてるけど、もっとちゃんと取り組んで習慣にしないとなー。

先日電話で話した友達はカーブスに行ってるみたい。みんな頑張ってるんだよねー。

 

新しい体組成計のおかげで、ちょっとだけ気が引き締まったような?!

体内年齢を下げるべく、対策を考えてみようと思います。

 

それでは、今日はこのへんで。

追記:アプリについて

ブックマークにコメントくださったもみじてるやま (id:momijiteruyama) さんへ

アプリについてはここを参考にしてください

アプリご紹介 | Health Planet ヘルスプラネット